天然界面活性剤って?

まずは「界面活性剤」なる五文字が指す意味の確認作業からスタートします。「界面」なる馴染み薄い二文字は「表面」を意味しており、シャンプーであれば毛髪や頭皮の表面が界面に該当します。次に「活性剤」ですが、こちらはご推察いただける通り、元来の働きをより活性化させる成分を有する物質を指しています。

そして具体的な活性効果ですが、これは「水と油を融合させる効果」を指しています。通常であれば水と油は双方が反発し合う特性を有していますが、脂に溶けやすい性質である「親油性」と水と融合しやすい性質の「親水性」の双方を兼ね備え、界面である毛髪と頭皮の表面の状態を調整する効果を有する成分です。

この特性は髪や頭皮に付着した汚れを落とす上で大きな効果を見せます。通常水だけで洗い落とす事が困難なワックス系の整髪料なども、界面活性剤を用いたシャンプーであれば、上記の働きを通じて確実な除去が叶います。天然界面活性剤イコール天然成分であり、副作用のリスクとも無縁の安全性もメリットであり、今日多くの方々が注目するシャンプーとして認識されるに至っています。特に日々整髪料を用いられる、仕事上などのヘアメイクに際し、複数種類のワックス系の整髪アイテムを代わる代わる用いるライフスタイルの方々にとって、欠かせぬ洗髪アイテムの代表格です。