商品調達関連基礎知識

多くの方々から優れた洗浄効果で人気を博す一方、一部で「危険」と語られてしまう、不思議な物質である界面活性剤ですが、この謎解きのポイントとなるのが、天然成分以外で生み出されたか否かの見極めです。ちなみに今日市場で流通するさまざまな商品に含有される界面活性剤の中には、石油から精製された成分も数多く、シャンプーの中にも同様の石油を減量とする界面活性剤を含む製品が数多く存在しています。

この石油から精製される界面活性剤は、洗剤の成分として主に用いられています。強力な洗浄効果がメリットの半面、人体の頭皮や毛髪に用いた場合、その強過ぎる洗浄効果と刺激から、逆にダメージを与え過ぎてしまう、必要な頭皮の脂分まで削ぎ落としてしまうなどのリスクが否めません。私達の身体への影響を考え、商品調達に際しては天然成分のアミノ酸を主成分とする天然界面活性剤が含まれた製品のチョイスが安全です。

一部でリスクを語る方々の中には、何から精製された界面活性剤なのかの確認が曖昧あるいはお留守のまま、単純に危険性を声にされている可能性が想定されます。大切なのは「天然成分か否か」の確認作業である点を、この機会にしっかり踏まえておいてください。

天然界面活性剤って?

まずは「界面活性剤」なる五文字が指す意味の確認作業からスタートします。「界面」なる馴染み薄い二文字は「表面」を意味しており、シャンプーであれば毛髪や頭皮の表面が界面に該当します。次に「活性剤」ですが、こちらはご推察いただける通り、元来の働きをより活性化させる成分を有する物質を指しています。

そして具体的な活性効果ですが、これは「水と油を融合させる効果」を指しています。通常であれば水と油は双方が反発し合う特性を有していますが、脂に溶けやすい性質である「親油性」と水と融合しやすい性質の「親水性」の双方を兼ね備え、界面である毛髪と頭皮の表面の状態を調整する効果を有する成分です。

この特性は髪や頭皮に付着した汚れを落とす上で大きな効果を見せます。通常水だけで洗い落とす事が困難なワックス系の整髪料なども、界面活性剤を用いたシャンプーであれば、上記の働きを通じて確実な除去が叶います。天然界面活性剤イコール天然成分であり、副作用のリスクとも無縁の安全性もメリットであり、今日多くの方々が注目するシャンプーとして認識されるに至っています。特に日々整髪料を用いられる、仕事上などのヘアメイクに際し、複数種類のワックス系の整髪アイテムを代わる代わる用いるライフスタイルの方々にとって、欠かせぬ洗髪アイテムの代表格です。

今話題のシャンプー

健康的で美しい髪は、全ての人達にとっての憧れであり、今日市場には、この万人の希望を叶える旨を謳う、さまざまなシャンプーが流通しています。各々の製品は独自の主成分の効能を活かし、ダメージを補修する、色艶をアップさせる、手触りを良くするなど、各々が届ける効能を謳い、多くの愛用者を獲得しています。またインターネット上の口コミサイトなどを通じ、実際に使用された多くの方々の体験談が語られ、推薦の声と注意を促す声が無数に飛び交っているのもまた、シャンプーという製品ならではの状況です。

そうした中、特に推薦称賛の声と危険を伝える声が真っ二つに分かれる製品として、界面活性剤を含むシャンプーの存在に視線が集まっています。界面活性剤という、何やら専門用語的かつ馴染みの薄い成分に関しては、果たしてどのような物質で、髪や人体にどのような影響を及ばすのかなど、予備知識をお持ちでない方々も少なくありません。

ここでは色々な意味で注目を集める、天然の界面活性剤を含むシャンプーにスポットを当て、皆さんと一緒に検証作業を進めてみたいと思います。果たして界面活性剤とはどのような働きを担う成分なのか、極めて高い安全性が謳われる天然成分にも関わらずリスクが囁かれる理由は何なのかなど、基礎知識の確認を中心にお話しさせていただきます。現在使用中のシャンプーとのマッチングにお悩みの方、別の製品へのチェンジをご検討中の方にとって、何らかの参考になれば幸いです。